時短と効率化の夢が叶うキッチン雑貨

便利なだけじゃない!時短・効率に役立つキッチン雑貨

効率の良い人・悪い人

この記事をシェアする

初心者に「見せる収納」は向いていない

収納と言えば生活感を出来るだけださず、且つ家の中をスマートに見せる為に行う方法です。ごちゃごちゃしたイメージとは対極なので、すっきりと見えるのが特徴です。

しかし近年「見せる収納が」が知名度を上げている事を知っていますか?物を隠さず、あえて見せる収納がトレンドになっています。これはオシャレなアイテムや雑貨を使って収納する事ですが、初心者には向いていない方法です。

この方法は統一性が大切なので、バランス・割合を考えながら行わなければなりません。キッチンに統一性を持たせるのはかなり難しいので、初心者にはNGな収納テクニックです。初心者におすすめなのは時短や効率を目指した収納です。これらは難易度が高くないので、誰にでも出来ます。

「動線」を意識してみよう!

収納と考えた時に何を意識すれば良いのでしょうか。収納というのは物を収める事。片付ける事を呼びますが、普段使う物も全て片付けてしまっては意味がありせんし、非効率的です。

では何を根拠に片付けるもの、そうでないものを判断するかですが1週間を1つの単位としてどのくらい利用するかで決めていきましょう。例えばフライパンは汎用性が高く、ほとんどの料理で使用します。その反面土鍋や圧力鍋や季節や料理に依存するので、前者に比べると頻度が低いでしょう。

そしてもう一つ大切なのが動線を意識する事です。よく使うものは近くに。あまり使わないものはある程度奥に入れても問題はありません。この動線が悪いと時短・効率化が叶わずモタつきを起こします。